本文へ移動

有限会社 橋本製材所
福井県越前市高瀬1丁目20番34号TEL.0778-24-1028
 FAX.0778-21-1028


一般建築木材の製材及び販売
一般建築設計・施工

≪営業上の資格・免許≫
 一級建築士
宅地建物取引士

ル・ハウスの日常

こちらでは、私たちのコダワリはもちろん、仕事のこと日常のことを楽しみながら綴っています。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

地鎮祭

2021-06-03
竹を切り出してきました
当社の1トン車に積み込み
地鎮祭の準備の様子です。
まずは竹を準備します。
(地縄張りは前日までにしておきました)

今回は、ご近所の方のご厚意でお庭に生えている竹を切り出してきました。
トラックに積み込むと思ったよりかさばりました。
テント立て、竹カット
長さはこれで決まり!
社長、専務と共に3人でテントを立てます。

テントは学校で体育祭等で使っていたものと同じものを使っていますので、毎回地鎮祭をするときはなんだか懐かしい感じがします。

このテントには「手を挟まないように」の思い出が強く、持つところに注意しながら立てていましたよね。

ササッと組み上げてしまい、3人でそれぞれ柱の部分を持って、1,2の3であげます。
もう片方も同様にして立ち上がりました。

そのテントに、先ほど切り出してきた竹をテントの高さを見てカット。


竹をできるだけ自然のままに
テントに竹をくくります
切り出してきた竹は自然のもので、バラツキがあって当たり前ですので、できるだけそのままに使います。

縄でテントの柱にくくったらこんな感じです。

バックに見える日野山もキレイに見える地鎮祭日和です。
準備完了
その他の準備も終え、神主さんも来られ、お供え物などの準備も完了です。

地鎮祭が始まる時間まで写真を撮っていました。

地鎮祭
地を鎮める祭事。建物の建設が始まる前の安全祈願。これから大工さんをはじめ、あらゆる職人が建設に携ります。その方々全員の安全を祈願する儀式ですので、新築時はほぼ例外なく行っています。

お客様にご用意いただくのは神主さんにお渡しする玉串料(相場3万円~)のみです。

作法は当日に神主さんより教えていただけます。
「玉串は時計回り」、「二礼二拍手一礼」を覚えておいていただけたらほぼ大丈夫です。


消毒用アルコールを用意
今回はコロナ禍のため、神主さん自ら手指消毒用のアルコールを準備していただきました。

新型コロナウイルスは、わたしたちの「おうち時間を幸せにする」仕事がよりクローズアップされるようになりました。

これから始まる工事も楽しみです。
安全第一でコダワリの「認定低炭素住宅」を建設していきます。

基礎工事スタート!!!

2021-06-08
日野山がキレイに見えます
日野山をバックに工事中
地鎮祭が終わりましたので、いよいよ工事スタートです。
地盤調査も結果は良好でした。

今回は耐震等級3の建物で基礎はとても重要です。



工事中にも日野山がとてもキレイに見えますね。

基礎
基礎外周に型枠を組みましたので、次は鉄筋を組んでいきます。
鉄筋は太さや継ぎ手の長さなどで強さが変わってきます。
鉄筋工事の後には瑕疵保険加入に伴う検査もあります。基礎が丈夫かどうかのお墨付きをいただくというわけですね~


鉄筋工事と検査の様子
布基礎部分は200ミリ間隔
立上り部分は300ミリ間隔
玄関部分
リビング階段部分
キッチンが奥に入ります
無事OKいただきました!
TOPへ戻る